PR
Search
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
管理人今月のオススメ
死ぬまでに観たい映画1001本
映画の見方がわかる本
Recommend
New Entries
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - |
    ダーティハリー4
    0
      JUGEMテーマ:映画の感想

      ダーティハリー4作目にして、クリント・イーストウッド自ら監督。


      まず、ハリーの頭の毛の量が大分気になります。
      1作目から12年もの月日が経っていうんですね。

      にもかかわらず、身内に厄介がられ、上司に怒られてる
      ハリーの姿に、なんだか萌えるんですよね。

      今では、「ミリオンダラーベイビー」、「チェンジリング」、「グラン・トリノ」やら
      作る映画は、歴史に残る良作を連発しているイーストウッドですが、
      このダーティハリー4については、ちょっといまいちな感じがしました。


      まず、舞台を2箇所にしたり、同じ殺害方法を何度も繰り返したりと、
      ちょっと単調気味に加え、間延びしているんじゃないのか?


      あと、なんといっても賛否両論分かれるであろう、ラストシーン。

      私は、否定派です。

      たとえ、陵辱されても、妹が廃人同様になろうと、
      殺人を犯してしまったあら、その人は罪人でしょう。

      その、罪をなしにしてはいけません。
      何より、最初はそのつもりだったでしょ!

      それを、もっともらしい人権を主張されたとしても、相手が恋仲であっても、
      警官が見過ごすのはありえません。


      1作目の、正義を貫き通したハリーはどこへ行った?
      2作目の断罪白バイ部隊に、お説教垂れてたのはどいつだ?


      これが、年齢により丸くなったと自己保管するには、
      あまりにさびしいラストでした。


      ということで、この映画の点数は50点(100点満点)
      posted by: デルタアタック | 洋画 | 13:43 | comments(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        posted by: スポンサードリンク | - | 13:43 | - | - | - |