PR
Search
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
管理人今月のオススメ
死ぬまでに観たい映画1001本
映画の見方がわかる本
Recommend
New Entries
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - |
    監督失格
    0
      JUGEMテーマ:映画の感想
       
      この映画の核になる林由美香ですが、正直知りませんでした。
      年代的に僕らの一回りくらい上の方々にとってはすごく有名のようですね。

      内容は、この林由美香さんと、その周りの人々をドキュメンタリータッチで
      描かれています。監督の平野勝之さんが撮っている映画の意味とかは
      全然分かりませんでしたが。
      というか、この辺の時代って、本当に自由に表現が出来ている時代なんだなあと
      感じました。こんなんやってて許されるんだと。

      そういう意味では、今の時代のメディアと言うものは
      つまらないのかもしれませんね。
      同じ役者、芸人ばかりが登場して、儲かる作品しか作られない。
      窮屈なもんです。

      この映画は、やはり生々しいまでのリアルさが伝わってくる作品です。
      特に、林さんが亡くなった際のお母さんの映像は、とても演技で
      作れるものではないでしょう。
      どんなカウンセラーよりも、このシーンを見せたほうが自殺防止になるんでは
      と思うくらい気の毒に感じます。

      また、この林由美香さんと言うのは本当に、一種のカリスマだったんでしょうね。
      自分の立ち振る舞いが、他人の人生に大きく影響を与えてしまうというのは、
      誰だって経験あるのではないでしょうか。
      それは、彼女が有名人だからとかではなく、あの人が自分の人生の
      ターニングポイントだったというのは僕にもいるんですよね。
      そういう人っていうのは、近くにいたり、もう10数年会っていなくても、
      頭の片隅にこびりついている様な感覚で、個人の人格の一部になって
      いるんだと思います。

      この映画の点数は65点(100点満点)
      posted by: デルタアタック | 邦画 | 11:59 | comments(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        posted by: スポンサードリンク | - | 11:59 | - | - | - |